« 日向ぼこ | トップページ | 焚火 »

2010年2月 1日 (月)

雪しまき

2010.1.25付 朝日俳壇より
雪しまきそれでもそれでも美しき:(岩手県)アブドルカーダー栄子

実は私、「しまき」という言葉を、明瞭な語彙としては持っていませんでした。なんとなく語感はあるんですが。

し‐まき【風巻】(シは風の古語) 風の烈しく吹きまくること。また、その風。<季語:冬> 。中務集「うちこゆる浪の音せばもらぬより―の風ぞ吹き返さるる」[広辞苑第五版]

あまりにもすさまじいのです。ブリザード、地吹雪のようなものかもしれません。
外出もままならず、ひたすら耐えるしかない。
そこに「意志」が介入する。
「それでもそれでも」と重ねたところに決然たる意志を感じとります。
「美しい」と言ってしまおう。
その決然たる表情に、美しさを感じます。

人生、あるとき、ある事態を、決然と意志の力によって肯定して、前進する力を発揮するべき時と言うものがあります。
生半可にやれば単なる「居直り」ですが、意志の力をふるうときにはふるって下さい。

私事:障害がある「のに」ではなく、障害が「あるからこそ」と言い切った時が、私にとってそういうときでありましたでしょう。

« 日向ぼこ | トップページ | 焚火 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪しまき:

« 日向ぼこ | トップページ | 焚火 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ