« 臍と乳 | トップページ | 流し雛 »

2010年2月25日 (木)

紅梅

2010.2.22付 朝日俳壇より
紅梅の蕾は少し酔うてをり:(相模原市)児島英
 長谷川櫂 評:薄紅梅か濃紅梅か、玉のようにふくらんだ莟。酒の香ならぬ花の香をふくいくと漂わせて。

酔芙蓉というのもありますからね。
評の「酒の香ならぬ」という言葉は不要な気がします。ここに文字として表れてしまったために、具体的な「酒の匂い」をイメージせざるを得ない。それはなんだか現実的過ぎて「生臭い」。

「玉のようにふくらんだ莟。馥郁たるかおりに、酔いを含んで。」

くらいの方が、梅の「仙気」にふさわしくないですか?

« 臍と乳 | トップページ | 流し雛 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅梅:

« 臍と乳 | トップページ | 流し雛 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ