« 冬芽 | トップページ | 野焼き »

2010年2月18日 (木)

里芋

2010.2.15付 朝日俳壇より
里芋といふ極上の土食らふ:(養父市)足立威宏
 金子兜太 評:まさに「極上の土」の味なのだ、と里芋の大好きな私は膝を打った。<農>の深さということも思う。

里芋に「つちくささ」を感じて、少々苦手にしている私も膝を打ちました。
そうか、あれを「土食らふ」と表現するのか、と、全くもって納得です。

海の魚なら、生臭さなど全く感じない私。「臭みを消す」とかいって、ショウガを用いるなど、素材に対して失礼だ、素材の味を味わいなさい、という私。
でも実は、川魚のアユの苔臭さがちょっぴり苦手。

得手不得手。いろいろあります。

« 冬芽 | トップページ | 野焼き »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里芋:

« 冬芽 | トップページ | 野焼き »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ