« 補聴器 | トップページ | 地震(ない) »

2010年2月24日 (水)

ブレーキ

2010.2.22付 朝日歌壇より
ブレーキを踏むタイミングが少しだけ遅い気がしてわたし疲れる:(春日井市)田中絢子

これはおそらく、ご自分も運転なさる方が、別の方の(多分親しい方の)運転の助手席に乗っている。ブレーキを踏むタイミングが自分より少し遅い、一瞬、助手席にいて自分のブレーキ・タイミングで足に力を込めてしまう。その、微妙な差が疲れる、という歌でしょう。

すごくよくわかります。さして大きな力を出すわけでもなく、微妙なずれなんですけれどね。
気疲れします。
自分のブレーキ・タイミングと同じタイミングでブレーキを踏む人の隣に乗ると、スムーズで気持ちいいですね。ほっとします。
微妙なずれ、ひょっとしたら、それはブレーキのずれだけではないのかもしれない、という暗示も受けてしまうのは読み過ぎかな。

◆ところで、今、騒ぎになっている、トヨタの問題。
あれは、ブレーキが利き始めるまでのタイミングが微妙に遅れるのです。
その一瞬、のめるような、不整脈でもやらかしたような、不安が胸をよぎるのだと思います。
今回の一連のニュースで初めて知りましたが、アクセルペダルはワイヤを引いてはいないのですね。ペダルの踏み込み量を計測してスロットルのコントロールをしている。コンピューターのプログラムで。
プログラムというものが人間が書くものである以上、必ず何かのミスを含む(バグといいます)。これはある意味で必然です。
ワイヤによるコントロールをプログラムが補佐するのならまだしも、プログラムに全部任せるのは、私は怖いな。
銀行やら、電鉄やら、航空関係やら・・・大規模なトラブルが起こったあとでニュースを聞くと、プログラムを更新した時のミス・バグというのがすごく多い気がするのです。
自動車というのは十分に成熟した「機械工学の粋」でした。そこへ、成熟しきっていない電子工学のプログラムが混入する、そういうトラブルがあるのではないかなぁ。

私が今のっている軽自動車にも、電子的な介入があることを感じています。オートマチックのギアのシフトアップが、多分機械的なコントロールを主にしていない。電子的なコントロールが強く介入している。ブレーキにもね。

古い「機械的な自動車」に慣れ親しんだ「体」には、微妙なずれが感じられます。

« 補聴器 | トップページ | 地震(ない) »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキ:

« 補聴器 | トップページ | 地震(ない) »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ