« 雪しまき | トップページ | ヨウ素の話に寄せて »

2010年2月 1日 (月)

焚火

2010.1.25付 朝日俳壇より
ふるさとの村に焚火をしに帰る:(小金井市)上條多惠
 長谷川櫂 評:故郷の村で焚火をする人。別にそのために帰ったわけではないのだが、そんな感じがする。焚火のなつかしさ。火のなつかしさ。

少し時間をずらして、帰省から生活の場へ戻った時の句として読んでみました。
帰省して何をしたっけ、と思えば、あ~焚火はよかったなぁ、と。

焚火のために帰省したわけではないのだが、記憶に残る風景は焚火。
尻あぶりの幸福感。
煙のにおい。

火をコントロールする楽しさ、など、子にも教えたいですね。

記憶:小学校は石炭ストーブでした。朝、登校すると、職員室に行って、マッチとつけ木と新聞紙をもらって、石炭小屋から石炭を取ってきて、教室のストーブに点火します。蒸発皿に水を満たします。
低学年の子にはまだ無理だから、上級生がストーブに点火しに行ってあげます。
5,6年生になると、石炭に点火する技を持っておりました。
団塊の世代の小学校時代の話です。

« 雪しまき | トップページ | ヨウ素の話に寄せて »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焚火:

« 雪しまき | トップページ | ヨウ素の話に寄せて »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ