« 美学 | トップページ | 冱て空 »

2010年2月18日 (木)

被爆楠

2010.2.15付 朝日俳壇より
被爆楠触れたる幹の暖かし:(長崎市)濱口星火 {稲畑汀子 選}
寒禽は被爆の楠に塒(ねぐら)持ち:(長崎市)濱口星火 {金子兜太 選}

被爆楠は、あたたかい、のですね。人の手のひらにも、にわとりにも。

私の家のそばのオニグルミの木は、夏も冬も、触るとびくっとするくらいに冷たいです。
他の木にはあまりそういう経験がありません。

ひょっとして、被爆楠が与えてくれる「ぬくもり」とは、心へのぬくもりであり、鳥への風よけ、霜よけのぬくもり、でしょうか。

« 美学 | トップページ | 冱て空 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被爆楠:

« 美学 | トップページ | 冱て空 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ