« 紅梅 | トップページ | 春を待つ »

2010年2月25日 (木)

流し雛

2010.2.22付 朝日俳壇より
流し雛流しさつさと帰りけり:(武蔵野市)水野季村
 長谷川櫂 評:後ろ髪を引かれながら流されていくお雛さま。だからこそ、さっさと帰るのだ。これが俳句。

どうも、評がよくわからない。「これが俳句」といわれてもなぁ。

流し雛というのは雛祭りの原型でしょ。災厄を祓うために人形(ひとがた)を身代にして川に流す習慣だったのですよね。
今のような、愛着こもる「雛人形」じゃないのですからして。
「後ろ髪を引かれながら流されていくお雛さま」なんですか?

人形(ひとがた)を流し、厄を払い、さようなら・ありがとう、と挨拶を送って帰る。
愛着を持って、川の流れに沿って追いかけていくようなものじゃありますまい?
そこで、「切れる」からこそ、厄払いなのではありませんか?

これが「俳味」なのですか?よくわからない。

« 紅梅 | トップページ | 春を待つ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流し雛:

« 紅梅 | トップページ | 春を待つ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ