« 南天 | トップページ | きんぴら »

2010年2月 8日 (月)

襷(たすき)

2010.2.7付 朝日歌壇より
一年一区生命の襷(たすき)つなぎ来て今年七十八区走る:(東京都)北條忠政
 高野公彦 評:人生を駅伝になぞらえて自分を励ましているのだろう。

ユニークなたとえを発見されました。納得です。

◆私は、障害者なものですから、こんなことも思います。
「思考・思想の身体規定性」

両手のない障害者にとって、「抱きしめる」という言葉がはらむ概念は、両手のある人の概念と同じでありうるだろうか。
てのひらに愛するものの体温を感じることはない。

左足が不自由な私にとって、「走る」という概念は欠如している。身体が自らの力で「高速で移動する」という経験はない。
おそらくは「座る」「立ち上がる」という言葉で何げなく表現してしまうものも、健常者と完全に重なりあうことはない。

突き詰めれば、言葉によって成立しているつもりのコミュニケーションは、すべて誤解の上に成立しているのではないか。健常者同士でも。

私には自分の人生を駅伝にたとえることはできないようです。そのたとえを理解することはできるつもりですが。
人生とは、とぼとぼと、つえをつきながら、一歩ずつ、歩むもののようです。

◆理数系の学習で「たすきがけ」というものがあります。
A    B
C    D

4つの項があるときに、A×D、C×Bこういう掛け算をすることを「たすきがけ」というのですが、いかんせん、生徒はもう、「たすき」を知らない。背中から見ると「×」になっているなんて姿を見たことがない。「対角線掛け算」とでもいわなければならなくなったようですね。

◆ある高校で、体育祭で応援団が活動していました。あるとき、男女何人かが紐を持って、理科準備室にやって来て、たすきのかけ方を教えてほしいというのですね。

紐の一端を「口にくわえる」
右手で紐をもち、前から左わきの下を通して背中へ行き、右片を一回りして、後ろから右脇の下を通って紐を前へ。口にくわえていた一端と結ぶ。

キリッとね。

キリリっとした若者が出来上がりましたよ。

« 南天 | トップページ | きんぴら »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 襷(たすき):

« 南天 | トップページ | きんぴら »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ