« 雪女 | トップページ | 美学 »

2010年2月18日 (木)

予感

2010.2.15付 朝日俳壇より
一瞬の予感に凍る夜の電話:(蓑面市)井上浩一郎
 稲畑汀子 評:夜の電話というのは緊急を要する時がある。呼び出しの音に一瞬、不安を誘われる。凍るという季題に読者の想像が広がる。

「凍る」が季語だとは知りませんでした。ごく普通の言葉でしょ。
冷蔵庫とか普及した現代に、「凍る」を冬の季語にしておく必要はないような気もいたします。

そして、この句の「予感に凍る」は、一瞬心が凍り、体が凍り、予感が頭をよぎって行ったということですから、具体的な「氷が張る『凍る』」である必要は全くない。
寒い季節とて、年長者には辛い。そういう冬の時期の夜の電話、という意味をもたせてはいます。
でもねぇ、これが季語である必然性を私は全然感じていません。

« 雪女 | トップページ | 美学 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予感:

« 雪女 | トップページ | 美学 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ