« 本人を証明 | トップページ | 籾殻 »

2010年2月17日 (水)

寝正月

2010.2.15付 朝日俳壇より
吾輩は猫であるゆゑ寝正月:(神栖市)田中陶白
 長谷川櫂 評:正月も寝てばかりのものぐさ猫を詠む。猫にしては、文学的な弁解をみつけた。

いや、評を読む前は素直に笑っていたのですが、どうも、逆らいたい男というものは仕方のないもので、評を読んだら文句言いたくなってきた。

「ものぐさ猫」?
いえいえ、優雅な猫でしょ。
年末だ、正月だ、と忙しくしている「人というサル」のほうが、動物の在り方としてはおかしいのです。そんなもん、関係ない。日向ぼっこでぬくぬくと。
「吾輩は猫であるゆゑ猫正月」

別の読み方にも踏み込みたくなった。

作者は「私は猫だ」と宣言してしまった。だから、寝正月を決め込んで、ぬくぬくと日向ぼっこを楽しんでいられるのだ。と。

« 本人を証明 | トップページ | 籾殻 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝正月:

« 本人を証明 | トップページ | 籾殻 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ