« あさり | トップページ | 蒼き照明 »

2010年2月24日 (水)

金柑

2010.2.22付 朝日歌壇より
冬を生きる小鳥の嘴(はし)か金柑に小さき穴あり一つに三つ四つ:(埼玉県)堀口幸夫

我が家では、金柑に穴があいている、というレベルではありません。熟したものから順にどんどん食い散らかされて、たくさん落ちています。
ヒトも負けじと一生懸命摘み取って食べています。
競争です。
おいしいものなぁ。

この季節、赤や黄色の色のついた実は端から食べられていますね。(ナンテン、タマサンゴ、イヌホウズキ・・・など・・・)
ま、生きるもの同士。元気でね。

« あさり | トップページ | 蒼き照明 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金柑:

« あさり | トップページ | 蒼き照明 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ