« 野焼き | トップページ | 落鮎 »

2010年2月18日 (木)

しづる

2010.2.15付 朝日俳壇より
雪しづり地球自転の振り落とし:(熊谷市)河端不三子

恥じ多きブログです。「しずる」という言葉を知りませんでした。無知蒙昧。なっさけね。

しず・る【垂る】シヅル:自四・下二:木の枝などから雪が落ちる。為忠百首「朝まだき松の上葉ウワハの雪は見ん日かげさしこば―・れもぞする」[広辞苑第五版]

「したたる」はしっていますが、「しずる」は知りませんでした。

地球の自転に雪がしづり落とされた、という内容でしょうか。
理系人間としては納得はしていませんが、詩のイメージとしては了解できます。
(かつてSFにありましたが、ある時、地球が突然自転を止めたら、地上のものは慣性によって振り飛ばされるでしょうね。でも、回っている限り、その回転の振動などはないのです。モーターじゃないから。)
地球自転の速度って、赤道上で考えて
4万km/24時間 → 約460m/s なんですよ。とんでもないスピードでしょ。

« 野焼き | トップページ | 落鮎 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しづる:

« 野焼き | トップページ | 落鮎 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ