« 寄生虫博物館 | トップページ | 昇降機 »

2010年2月25日 (木)

梅探訪3

0222park1
近くの公園です。モンパルを下りて、少し散策してみました。
地面が結構凸凹で、今の私には少し歩きにくいけれど、子らが遊ぶには「整い過ぎていない」ということが好ましく感じました。あまりにも整備されすぎているというのは、つまらないことだと思ってしまいます。

さて、この梅の木の「姿」を見てください。
幹から低い枝までは、太くがっしりと張っています。
そして、若い枝は天をめざして、上へ上へと伸び、向かっています。
この姿が私は気にいった。
木の生きる力を存分に発揮させるような剪定をなさった、と見える。
0222park2
初めのが紅梅、こちらは白梅。
どちらも、姿がいい。奔放だ。
見ていると、なんだか生命力が迫ってきて、元気が湧いてくるような気がする。
「梅切らぬばか」ともいいますが、ただ坊主にすればいいというものではない。
木の生命が躍動するような切り方があるのではないでしょうか。

« 寄生虫博物館 | トップページ | 昇降機 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅探訪3:

« 寄生虫博物館 | トップページ | 昇降機 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ