« 予感 | トップページ | 被爆楠 »

2010年2月18日 (木)

美学

2010.2.15付 朝日俳壇より
除雪にも除雪の美学雪に住む:(札幌市)前田豊作
 稲畑汀子 評:雪深い地に住んでいると、日々除雪におわれる。ただ除雪するのであってもそこには美学があるという面白い発見。

私自身は東京での雪しか経験がありませんし、腰を痛めて以来、雪掻きなど一切手を出しませんから、何も言う資格はないのですが。

ちょっとした配慮で、歩行者がとても歩きやすくなる、とか
除けた雪がきれいに積み上がっていて、邪魔にならないとか
自分の家の前だけに固執しないで、すこし広めに除けておくとか

いろいろあるのではないでしょうか。
面白い発見、というよりは、人の生き方の表現がそこにある、という深い読みなのではないでしょうか。

« 予感 | トップページ | 被爆楠 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美学:

« 予感 | トップページ | 被爆楠 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ