« ふぐ | トップページ | 三寒四温 »

2010年2月 5日 (金)

にごらぬもの

2010.2.1付 朝日歌壇より
耳遠きわれに届くは鳥の声にごらぬものに耳は応ふる:(小平市)水上ひろ子

「耳遠き」と歌っておられますが、想像するに、難聴でいらっしゃるのではないでしょうか。
私も、左耳の聴力がガタガタに落ちた状態。不調の時は耳鳴りがします、右耳から入る音と左耳から入る音が同じ音なのに、同じに聞こえなくて、分裂して聞こえます。

そのような時の特性。
テレビのアナウンサーなどの声で「子音」が強くて母音がはっきりしない時、うまく聞き取れません。「ささやき」って、子音の言葉でしょ、ですから聞取れません。
ある音に別の音がかぶさると、どっちの音もわけ分からなくなります。
無駄なバックグラウンドミュージックなど流されると、イライラします。聞取れなくなって。

鳥の声は、美しい「母音」
鳥の声は、澄んだ重なりのない声。

ですから、私のようなタイプの難聴でも、すっきり聞取れます。
作者も、そういう状態でいらっしゃるのではないかと想像するものです。
いかがでしょうか。
耳を大切になさいませ。

それにしても、音楽を聞かなくなったなぁ。

« ふぐ | トップページ | 三寒四温 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にごらぬもの:

« ふぐ | トップページ | 三寒四温 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ