« 柩とともに | トップページ | へのへのもへじ »

2010年1月 7日 (木)

考える

2010.1.4付 朝日歌壇より
この頃はロダンのごとく考える悠々自適の齢(とし)を迎えて:(和歌山市)池畑耕作
 馬場あき子 評:悠々自適の齢はいま幾つぐらいだろう。しかし老い来たっての思索の姿勢に「考える人」がちょっとしゃれている。

作者に逆らうわけではありません。わたしという「へそまがり」の感想ですので見捨ててください。

ロダンの彫刻が、昔は好きでした。だんだん年を重ねて、あんまり好きじゃなくなってしまいました。
深刻すぎる感じがして。強すぎる感じがして。
もっと不安定で、なよなよと、頼りないものの方がいいなぁ。

考える人。あの姿勢、きついです。深刻すぎて。
悠々自適、にはあのポーズは、ちょっと・・・。

真剣な「只管打坐」もなんだかちょっと「?」と思ったりして。このごろは。
ゆるくていいんじゃないですか?

膝を崩して、日向ぼっこをしながら、のどかに「ゆくすえ」を眺めて楽しむのはいかがでしょう?

« 柩とともに | トップページ | へのへのもへじ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考える:

« 柩とともに | トップページ | へのへのもへじ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ