« 花眼 | トップページ | 無患子 »

2010年1月13日 (水)

ゆまり

2010.1.11付 朝日歌壇より
下腹に力を込めてゆまりする冬夜にあふぐ北斗七星:(川越市)小野長辰

ゆまり【尿】(「湯放ユマリ」の意) 小便。ゆばり。いばり。[広辞苑第五版]

男は年を取ると、必ず「長小便」になるのです。尿道が長いし、前立腺が必ず肥大して尿道を圧迫するし。
(女性の場合は逆で、尿道が短いので、くしゃみ程度の腹圧で尿漏れを起こしたりするようになるとか、聞いておりますが。)

若い時の排尿のような、「尿を切る」動作をしてしまうと、排尿終了になってしまって、残尿感を覚えたりするのです。仕方ないから、腹圧を高めて膀胱に圧力をかけて尿を出し切り、尿を切る動作は一回のみにする、というような工夫が必要になります。
これは、自分の体の加齢変化を観察・研究した成果です。すごいじいさんでしょ。

「下腹に力を込める」という表現は年齢の表現にもなっていると読みました。
読みこみ過ぎですか?

« 花眼 | トップページ | 無患子 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆまり:

« 花眼 | トップページ | 無患子 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ