« 敗者 | トップページ | アンモナイト »

2010年1月23日 (土)

風がきれい

2009.1.18付 朝日歌壇より
ぼんやりと生きてきたから気づかない「風がきれい」と盲目の子言ふ:(多摩市)橘かほる
 馬場あき子 評:盲目の子の繊細な感性にはっとさせられる。

 この「風がきれい」というのは、現在NHKのみんなの歌で放送されている「風がきれい」及び、その歌のもとになった朝日新聞の記事を踏まえていると思うのです。
 馬場氏はこのことにお気づき出ないようにお見受けしますので、僭越ながらご紹介しましょう。

 昨年、12月21日の朝日新聞夕刊に下のような記事が掲載されました。

「風がきれい」盲学校での言葉、歌に 新聞記事経て「みんなのうた」に
 本紙の記事がきっかけで生まれた歌が、NHKの「みんなのうた」で放送されている。俳優、新井晴み(はるみ)さん(56)が作詞した「風がきれい」だ。45年前の視覚障害者の子どもの言葉が、新聞記事を経て歌に実を結んだ。
 2004年5月26日の朝刊「ラジオアングル」欄で、フリーライターの山家誠一さん(63)が、NHKラジオの番組「視覚障害者のみなさまへ」をとりあげた。当時の担当ディレクター川野楠己さん(79)に話を聞いている。
 《盲学校を取材した時、外に飛び出した子どもが『わあ、風がきれい』と叫ぶのを聞きました。多くの晴眼者が失ってしまった感覚の世界を持っている。そこにすごくひかれました》
 この川野さんの話に、新井さんは心を動かされた。「目には見えなくても大切なものがあるんだ」。一気に詩を書き上げた。知人から紹介された滝本翔太さん(39)に作曲を依頼。曲にあわせ、さらに歌詞を練り上げた。男性アカペラグループ「チキンガーリックステーキ」が歌い、作詞から5年後の今年、「みんなのうた」に採用された。
 「風がきれい」という言葉は、川野さんの人生にも大きな意味があった。「視覚障害者のみなさまへ」を、定年後も含めて30年以上担当した。風を「きれい」と表現する、その鋭い感受性に魅了され続けてきたからだった。
 川野さんによれば、この盲学校は現在の筑波大付属視覚特別支援学校(東京都文京区)で、65年のできごとだ。「風がきれい」と叫んだ子は「幼稚園か小学校低学年くらいだったと思う」という。その子が誰で、いまどこで何をしているかは分からない。
 歌詞は「風がきれいと言ったあなた」で始まり、「あなたの言葉が教えてくれた」と歌う。40年以上の時を超え、見知らぬ「あなた」に感謝の気持ちを伝える歌になった。
 放送は来年1月末まで。ホームページ(http://www.nhk.or.jp/minna/ )に放送予定表がある。(寺下真理加)

------------------------------------------------------------
NHKのHPから引用します。

風がきれい
【うた】チキン ガーリック ステーキ
【作詞】新井 晴み
【作曲】滝本 翔太
【編曲】渡辺 敦
【写真】管 洋志
この歌はひとつの新聞記事がきっかけで生まれました。「三十数年間NHKで視覚障害者のための番組を作り続けたKディレクターは、盲学校で取材した時、生徒が校庭で “わあ、風がきれい”と発したことばに強くひきつけられました。目の見える私たち晴眼者が失ってしまった豊かな感覚の世界をもっている」と。この記事を目にして詩心をかきたてられた女優の新井晴みさん(77年NHK連続テレビ小説“風見鶏”のヒロイン)が、美しい詩を創作してくれました。歌うのは、6年前の「みんなのうた」でも風をテーマにした曲を歌った男性6人のア・カペラグループ「チキン ガーリック ステーキ」です。

------------------------------------------------------------
 この歌「風がきれい」は1月の歌ですので、お聞きになりたい方は1月中にどうぞ。
私は録画しました。素敵な歌ですよ。

« 敗者 | トップページ | アンモナイト »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

時々テレビから流れてくるこの歌を聴いて「風がきれい」という表現はすてきだなと思っておりました。心の中にまっすぐ飛び込んできます。このような記事が出ていたとは知りませんでしたので、あらためて感動いたしました。ありがとうございました。

かかしさん  まささん

「風がきれい」聴いていただき、本当にありがとうございます!
コメントをとても嬉しく拝読いたしました。

今日も、心で風のいろどりにふれたいと思います。

風邪にはお気を付け下さいませ(笑)!

作詞なさった新井さんからコメントを頂くとは、ビックリしました。
私は左下肢障害のある障害者なものですから、なにがしか敏感な感性を抱いたと思っています。障害があるのにではなく、障害があるからこそ、と思っています。理科支援員として伺った小学校でも、障害の話、障害ってどこにあるんですか、などという話をしてきました。
よい歌をくちずさむと、心が澄みます。

本日、あらためてテレビを見ましたら、目の見えないお子さんが大きな木に聴診器を当てている写真が使われているのですね。今までぼんやりと映像を眺めていて気がつきませんでした。新井様、かかし様、さわやかで深い感動をありがとうございました。録画して永久保存いたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風がきれい:

« 敗者 | トップページ | アンモナイト »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ