« アンモナイト | トップページ | 冬の蜘蛛 »

2010年1月23日 (土)

賀状

2010.1.18付 朝日俳壇より
束をとき先づは点字の賀状より:(都留市)長田美智子

長田さんは俳壇にも歌壇にも登場しておられます。自由に詩形を使い分けコントロールできるなんて、すごいことだと思います。

失明し四十年となりし今夕焼け空の色も薄れる:(都留市)長田美智子
 佐佐木幸綱 評:四十年前に見た夕焼け空の色の記憶。私などには想像もできない貴重な記憶なのである。

こういう短歌もありました。
長い年月の中で積み重ねられた交友が、年賀状という形になります。

賀状の束を、点字、点字じゃない、と分けながら、点字の賀状はすぐ読める。ああの方か、と。
点字ではない方は読みあげてもらうのでしょうか?
なにか、普通の字を読みあげてくれるいい方法はないものかなぁ。
スキャナーが読みあげてくれたら便利なのにね。

« アンモナイト | トップページ | 冬の蜘蛛 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賀状:

« アンモナイト | トップページ | 冬の蜘蛛 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ