« 天地返し | トップページ | 雪掻き »

2010年1月29日 (金)

御田

2010.1.25付 朝日歌壇より
夫婦箸われのみ朱の塗り剥げてひとりの御田(おでん)を煮返す年の瀬:(岐阜県)棚橋久子

一人暮らしが長くなってしまった、という「長い時間」の実感を箸の塗りが剥げるという形で感じておられる。

実は意表を衝かれたのです、わたくし。
「おでん」は田楽。ですから「御田」。
そうかあ、こういう表記があったのか、ということにね。

一回おでんを炊けば、2回3回とつつくことでしょう。
二人ならすぐ減って、ネタを足しては楽しめたのに、
なかなか減らなくなったものよねぇ。という感慨もおありかもしれません。

« 天地返し | トップページ | 雪掻き »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御田:

« 天地返し | トップページ | 雪掻き »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ