« 大根 | トップページ | 日食 »

2010年1月 7日 (木)

アノラック

2010.1.4付 朝日俳壇より
九十の若さが佳けれアノラック:(京都市)飯村弘
 長谷川櫂 評:「九十の若さ」になるほどなあと感心する。常識では二十は若く、八十は老人だが、二十には二十の若さがあり、八十には八十の若さがある。

どうも、うまく批判しきれないんですが、長谷川氏の評はちょっとずれてるようなんですよね。
なんだかちがうんだよなぁ、という感覚がぬぐい去れないんです。困った。

さっそうとアノラックを着こなす。かっこいい。
それだけでいいでしょ。
アノラックが似合う「佳」人です。(この場合「美人」とか「女性」とかにとらわれないでください。)
「佳きかな、佳きかな」なんです。

どうも、書ききれてない。うずうずする。ごめんなさい。不完全なものをお目にかけました。

« 大根 | トップページ | 日食 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アノラック:

« 大根 | トップページ | 日食 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ