« 猫 | トップページ | ゆまり »

2010年1月13日 (水)

花眼

2010.1.11付 朝日歌壇より
老眼を花眼と呼ぶことうれしくて聖書の小さき活字を辿る:(横浜市)飯島幹也
 高野公彦 評:老眼を優雅に花眼(かがん)と呼ぶらしい。嬉しい言葉である。

中国語だそうですね、「花眼」というのは。
優しいイメージでよい言葉ですが。

どうして「老眼」じゃいけないのかが分からない偏屈かかしです。
30代の終わり頃でしょうか。グラフ用紙に点をうつことが辛くなってきた。1mm方眼にピントが合うのに時間がかかるようになったのですね。
飛んでくる蚊が叩きにくくなってきた。ピントを遠くへ移すのはできるのに、遠くから近くへ移すことに時間がかかるようになってきた。
自分の体の加齢変化などを観察するのは、タダだし、責任もなくって楽しいですからして、自分に起こる「老眼」という変化もずっと観察してきました。
年を取る、当たり前のことなのに、なんで「老」という字は嫌なのだろう?
私には全然理解のできないことです。
頑固な老人でありますことよ。

« 猫 | トップページ | ゆまり »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花眼:

« 猫 | トップページ | ゆまり »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ