« 鬱 | トップページ | 冬薔薇 »

2010年1月13日 (水)

白才

2010.1.11付 朝日俳壇より
白才と書いて真顔の八百屋かな:(島原市)伊藤育子
 大串章 評:あるいは「百才」を暗示しているのかも知れないが、「真顔」と言ったところがおもしろい。

こういう宛字ってありますよ。「菜」の字がめんどくさかったんじゃないですか?
とても「百才」を暗示しているとは思えない。
しらっとした顔で妙な宛字を書いている。それが「真顔」。
妙な宛字を考えたな、と八百屋さんのご主人の顔を見つめてしまったのでしょ。

まぁ、よくあることです。

« 鬱 | トップページ | 冬薔薇 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白才:

« 鬱 | トップページ | 冬薔薇 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ