« 渋面 | トップページ | 花眼 »

2010年1月13日 (水)

2010.1.11付 朝日歌壇より
どこからも音のしない日黒猫の金目銀目のキラリと光る:(神戸市)西塚洋子

開けたなら閉めて出てゆけわが猫よこごと言いつつ年暮れ果つる:(豊中市)玉城和子

猫と暮らしております。どちらかというと、下の歌の方が我が家風。
神秘性とか眼光鋭く、とかいうこととは余り関係のない顔つきの猫たちです。
人の心をあたためもみほぐすことを仕事にしております。
こころマッサージ師としての腕はなかなかのものです。プロですね。

« 渋面 | トップページ | 花眼 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 渋面 | トップページ | 花眼 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ