« 厚手の切符 | トップページ | 帰る 行く »

2010年1月20日 (水)

浮島 ふるさと

2010.1.18付 朝日歌壇より
アパートの三階という浮島に居て仮の世の鐘を聴く除夜:(福島市)美原凍子

私のりんかくぼやけゆくがまま風に抱かれていようふるさと:(福島市)美原凍子
 高野公彦 評:ふるさとは優しく魂を包んでくれるところ、私を無名の赤子にしてくれるところ。そうした幸福感を歌いつつ、どこか寂しい漂遊感のにじむ作品である。

二首選ばれておりました。
美原さんは夕張市から福島市へ「移られた」方。
二首合わせて、少しだけ背景を頭の片隅に置いてお読みいただけると、きっと読みが深まります。

生きるという歩みは、どこでどうなるか、偶然であり、それを受け入れる意志は必然をもたらします。

« 厚手の切符 | トップページ | 帰る 行く »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浮島 ふるさと:

« 厚手の切符 | トップページ | 帰る 行く »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ