« 宇宙は掌 | トップページ | 一徹 »

2010年1月 7日 (木)

手抜き

2010.1.4付 朝日俳壇より
合理化と称して手抜き年用意:(松本市)唐澤春城
 稲畑汀子 評:年ごとに年用意を簡単にする。因習にとらわれないで合理的に新年を迎えるのだ。それを手抜きと知って同調する作者の一家団欒である。

子育てのころはね、伝統的なものを教えるのも親の仕事だろうと、年中行事などいろいろやりましたが・・・。
生活の基本が夫婦という単位に戻ってしまった今、しないで済むことはしません。
一応、形だけはなんとなくやっているような、でも、もう、なにもしません。
いいじゃあないですか。縁起物でどうこういう年じゃなし。冥土の旅の一里塚に手をかけて、あ~くたびれたなぁ、あとどのくらい行かにゃあならんのかなぁ、とため息をつくのがせいぜいですから。

「因習にとらわれないで合理的に新年を迎える」という評はいただけませんなぁ。

いん‐しゅう【因習・因襲】古くから伝わっている風習。多く、時代に不適なものに非難の意をこめて用いる。「―になずむ」「―を打破する」[広辞苑第五版]

「因習」というのは「いかがなものか」。(この言い方、すっごくいやらしいですね)。
まあ、伝統的な年中行事なんですから「因習」とは言い難いでしょう。
やらないで済むものはやらない、夫婦のことですから、そこは互いに合意すればそれでいいんです。「合理的でしょ」なんていっても、それは言い訳なんです。それだけのこと。

寒い季節は早いところ過ぎ去ってくれますように、と願いながら、あたたかくのんびり年をこすのがよろしいでしょう。

« 宇宙は掌 | トップページ | 一徹 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手抜き:

« 宇宙は掌 | トップページ | 一徹 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ