« 突然死 | トップページ | 背が高い »

2010年1月29日 (金)

下宿先

2010.1.25付 朝日歌壇より
コンセント時計の電池はずし置き子は戻りたり下宿先へと:(福岡市)甲斐紀子

「短い帰省」の歌と同じ感傷です。
部屋をごちゃごちゃにしたまんま下宿へもどったっていいのに。
息子の部屋を片づけるのもまた、母親のある種の楽しみでありましょうに、息子は、きちっと片づけて行ってしまった。同居していた時とはなんだか変わってしまって、遠い感じになったなぁ、と、ふと、さびしい。

それが親の幸せっていうものですって。
親に寂しさを与えるのも、親孝行っていうものですって。
そう、なっとくなさいませ。

« 突然死 | トップページ | 背が高い »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下宿先:

« 突然死 | トップページ | 背が高い »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ