« 冬薔薇 | トップページ | 天国 »

2010年1月13日 (水)

寒さ

2010.1.11付 朝日俳壇より
待つと言ふことの寒さでありしかな:(福知山市)松山ひとし
 稲畑汀子 評:何か待たねばならない作者である。何か分からないが待つということに寒さが余計につのるのである。

同義反復(トートロジー)は何も新しいものを生みません。
なくもがなの評ですね。

「待つ」という受け身が、寒さのしみかたを加速する。待つ、という内向きの方向性が、体の内から寒さの浸透を外へはねかえす力を削いでしまう。
さむいですね。

« 冬薔薇 | トップページ | 天国 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒さ:

« 冬薔薇 | トップページ | 天国 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ