« 君なき冬 | トップページ | 行った跡 »

2010年1月20日 (水)

小さなこぶし

2010.1.18付 朝日歌壇より
柚子よりも小さなこぶしもう少し大きなこぶし冬至の風呂に:(高槻市)有田里絵

この歌は、永田和宏氏も選んでおられます。

何も言うことはありませんね。
柚子湯。お風呂にゆずがぷかぷか。幼子二人を柚子湯に入れる。
かわいいこぶしも、ぷかぷか。
私の家では、柚子を切ってガーゼか晒しに包んで風呂に入れることがよくありました。すると、ゆずジュースが湯に溶けてさらに体がよく温まる。
このとき、袋に唇を付けて、中に息を吹き込む。すると、空気の入った袋が、ぽわんぽわんと湯に浮いて面白くって、遊んで、長湯したものです。
なつかしい。

« 君なき冬 | トップページ | 行った跡 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さなこぶし:

« 君なき冬 | トップページ | 行った跡 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ