« タキソール | トップページ | ウリキンウワバ »

2009年12月 2日 (水)

四十路

2009.11.30付 「恋する大人の短歌教室」
{応募作}
二の腕のたるみが嫌いもう四十路「そこがいいよ」と君は云うけど:埼玉 金子幸恵

 二の腕を露出する機会は、男性より女性の方が断然多いでしょう。暑い寒いにかかわりなく、フォーマルでもインフォーマルでも、袖のない衣類を頻繁に着用するわけですから。そうなると二の腕のたるみは、女性にとっては大問題。40歳には「初老」という異称まであるくらいだから、年相応で仕様がない、などとは言っていられません。作者の嘆きも、なるほどもっともです。しかし、「そこがいいよ」と言ってくれるパートナーに恵まれている、ということは……。結局はとても幸せそうな作者に、「ごちそうさま!」と声を掛けたくなる一首です。
 発想も言葉遣いも総じて口語的な作品ですから、「四十路」といういささか古風な用語が、唐突だと感じられなくもありません。ごく当たり前の言葉に替えて、衒(てら)わない雰囲気で通してみました。「四十歳」をどう発音するかは、多少面倒な問題ではあるのですが、ここでは「しじっさい」と読んでおきます。もしかしたらこの読みの方が古風ですか?(石井辰彦)

{添削後}
二の腕のたるみが嫌い四十歳「そこがいいよ」と君は云うけど

私ですね、「十」という字を「じっ」と読むのが個人的に大嫌いでして、鳥肌が立つたちなんです。きもちわるい。いつからそうなのかはよくわからないのですけれど。
「十分」を「じっぷん」なんて読まれるとゾッとする。「じゅっぷん」と、私は読みます。
「しじっさい」なんてもうダメ。気色ワリィ。
「よんじゅっさい」でいいでしょう。こういう風に添削するなら。リズムが狂うわけでもなし。

「四十路」が古風だなんて全然思わないんですけれどね。添削教室だから無理やりどこか変えなきゃなりませんか?

かかしの添削
二の腕のたるみが嫌いもうアラフォー「そこがいいよ」と君は云うけど

口語的作品だというのですからこの際、アラフォーではいかがですか?
と「アラ還」じいさんは思いますが。

« タキソール | トップページ | ウリキンウワバ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四十路:

« タキソール | トップページ | ウリキンウワバ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ