« また ウラギンシジミ | トップページ | ゼロの重さ »

2009年12月14日 (月)

月面下の水

2009.12.13付 朝日歌壇より
神のみが知りいし事をまたあばく彼の月面下の水の存在:(松戸市)猪野富子

理科を専門にしていると、「月面下の水」というのは神の秘密という感じではないなぁ、というのが実感。それは「事実の発見」です。ハレーすい星が「汚れた雪だるま」だったように、宇宙での水の存在はわりとポピュラーなので、どの星にもおそらく量の多寡はあれ水は存在するでしょう。月にもあったか、ということです。
理科を専門にしていて、神の秘密を感じるのは、例えば物理学に登場するいろいろな「定数」は、なぜ有理数ではなく、無理数なのか?ひょっとして超越数?とか、そもそも宇宙が存在するとはどういうことなのか、とか、そんなところに、「神の秘密」がありそうで、不思議でなりません。

« また ウラギンシジミ | トップページ | ゼロの重さ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月面下の水:

« また ウラギンシジミ | トップページ | ゼロの重さ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ