« 蜜蜂 | トップページ | 棕櫚の葉を齧って »

2009年12月22日 (火)

目玉

2009.12.21付 朝日歌壇より
大鍋にふつふつ煮える鱈汁の頭とり出し目玉より食ふ:(新潟市)荻島俊雄

鱈の頭はあまり食べませんが、鯛の頭はよく食べます。徹底的にほぐしていくと、ずいぶん身があるものです。
もちろん「目玉」も食べます。おいしいというものでもないけれど、やっぱりたんぱく質だからなぁ、食べられるんだから食べなければもったいないし、お魚さんに申し訳ない。
子どもの頃から、魚の煮つけの目玉は食べてました。
火の通った外側は白くなっていますが、まだ火の通っていない内部は半透明で、皮をはがすように層状にめくれるんですね。おもしろがって必ず食べていました。
魚の目がこちらを見ているようで怖い、というような感傷とは全く無縁な育ち方をしました。
ひたすら食う。うまいものは徹底的に食いつくす。そういう世代です。

鯛の口の「歯」はすごいですよ。感動的に獰猛です。

鱈もいいですねぇ。
とにかく、スーパーへ行くとまず「アラ」コーナーへ直行する「アラ探し」夫婦なのでありました。
安くてうまい。これ以上のことはありません。

« 蜜蜂 | トップページ | 棕櫚の葉を齧って »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目玉:

« 蜜蜂 | トップページ | 棕櫚の葉を齧って »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ