« ヒメシロモンドクガ羽化:オス | トップページ | アオクサカメムシ »

2009年12月14日 (月)

ヒメシロモンドクガ羽化:メス

1129himesiromondokuga3こちらがヒメシロモンドクガのメスです。
実は初め、繭に残された蛹の脱け殻か、などとぼんやりしていました。
そうしたら、一緒にいた妻が、動いてるわよ、と。

なるほど、成虫です。翅が退化しているのですね。
1129himesiromondokuga4
一応、翅の形はあるのですが、とても小さいのです。

http://www.jpmoth.org/Lymantriidae/Orgyia_thyellina.html
このサイトによりますと、
「10月に出る2化の♀だけ翅が退化する。」とありました。
夏の季節に羽化するものはメスでも翅があるということでしょうね。
1129himesiromondokuga5
写真を撮っているうちに、左手に移ってきてしまいました。
こそばい。
たいていの昆虫はこういうとき手を立てると上へ歩きます。
実際、こうなりました。
1129himesiromondokuga6
爪の先まで歩いて行きました。
ドクガといっても、べつにかゆくなるわけではありません。チャドクガなんかはのんびりこういうことをしている気にはなれませんけれど。

さて、飼育ケースの中でオスとメスが羽化するとどうなるか。
当然、交尾、産卵が行われるのです。
1129himesiromondokuga7
これがヒメシロモンドクガの卵です。
不思議な模様ですね。

成虫は一応ケースに入れて、蓋をしないで屋外に置いておきました。
メスはケースの中で死に、オスはどこかへ飛び去りました。
あんまり増えてほしくもないけれど、卵は観察継続ということになりました。
私にはつぶせません。

« ヒメシロモンドクガ羽化:オス | トップページ | アオクサカメムシ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメシロモンドクガ羽化:メス:

« ヒメシロモンドクガ羽化:オス | トップページ | アオクサカメムシ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ