« 棕櫚の葉を齧って | トップページ | 冬の蝶 »

2009年12月22日 (火)

山の芋

2009.12.21付 朝日俳壇より
辛抱の上に辛抱山の芋:(横浜市)李培張

山でちゃんと掘ったことはありません。でも、あれ、折らずに全体を掘り上げるのは大変でしょうね。息を詰める瞬間もきっと少なからずある。
掘り上げて、ほ~ぅっと息を吐くのに違いありません。
集中力が途切れたらおしまいですものね。

さて、どうなりましたか?
おいしいヤマノイモを召し上がっていらっしゃることと存じます。

« 棕櫚の葉を齧って | トップページ | 冬の蝶 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の芋:

« 棕櫚の葉を齧って | トップページ | 冬の蝶 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ