« アオクサカメムシ幼虫 | トップページ | モンパル2日目(午前の部) »

2009年11月 3日 (火)

モンパル

1031monpal完全リタイアして、外出が少なくなりました。疲労が蓄積しないのはいいのですが、足腰が大分弱ってきました。そりゃそうだ。

長年乗ってきたマーチを軽自動車ピノに乗り換えて、狭いガレージに何とかすき間をつくることができたので、このすき間を利用して、ハンドル型の電動車いすというのでしょうか、電動カートというのでしょうか、シニアカーというのでしょうか、をいれようと決心しました。
販売店が近くて行きやすいところを探して、ホンダのモンパルML200という機種にしました。
上の写真がそうです。
別に広告しようというわけではないので、他の会社の車種でもおそらく話は似たものでしょう、あくまで、私はたまたまこの機種にしたというだけのことです。他意はありません。

目立ちやすい方がいいんじゃない、という妻のアドバイスで、カラーは赤。
納車は10月30日でした。
私はもともとが左脚の障害者ですから、自転車の経験がありません。自動車を運転して40年、無事故・無違反で走ってはいますが、あくまでもこれは「箱の中」。

モンパルに乗って時速1~2kmで練習を始めてわかりました、むき出しの身体が、歩くより速い速度で移動する、という経験が私には全くなかったのですね。

緊張してしまいました。自転車に普通に乗れる方は笑ってしまうでしょう。たかだか時速1~2kmですよ、なのに、この身体の移動感覚は全く新しいものでした。
手を軽く握って走行レバーを軽く押し下げれば走り始めます。力はほとんど不要。なのに力んでしまって手が痛くなりそう。ハンドル操作は車のハンドル感覚とそう違いはないのですが、無駄に強く押してしまって、肩の筋肉が痛くなりました。

走行バーを軽く押していれば走行、手を離せばブレーキがかかって停止、です。
「危険に向かうには努力を必要とし、安全に向かうには努力は不要」という安全工学的な原則通りの設計ですね。
また、緊急事態でびっくりして、思わずギュッと走行レバーを握りしめてしまってもブレーキがかかります。緊急事態への反応・判断が鈍くなってきた年齢の身には親切な設計です。

午前中に納車されて、昼食後、さっそく隣の駅まで1kmほどを走って見ることにしました。往復2km。

時速4kmくらいにセットしておいて、適宜走行レバーを調節して走るのが楽です。
歩行者扱いですから、右側通行。
でも、うっかり歩道には上がれません。狭い歩道が多くてね。途中で降りたくっても、大きな段差を斜めに降りることはできませんから、さっと降りて事態に対応するなんてできません。ガードレールなどが敷設してある歩道の内側もかなり危険です。電柱がデンと立っていてギリギリのことろがあります。
今回は妻がついてきてくれたので、やばくないか?というと、先に歩いていって調べてくれましたからいいですけれど、一人の行動ではそうはいかない。気持よく走っていって、行きどまってしまったら大変。狭い歩道を、はいり込んだところまでバックで戻らなければなりません。これは辛い。
日本の「歩道」は貧弱ですね。
交通量の多い道を走るのはまだ避けたいので、広めの一方通行の道を、車に対する規制とは逆向きに走るのが一番心理的に楽でした。
車は前から来るので、視認しやすいし(バックミラーはありますがまだ目が届かない)、対向する車からも視認されやすくって気分的に楽です。
車の方も、気づいてくれているかどうかわからない車いすを追い越すよりは、対向してすれ違う方が楽だと思います。(私が運転者の場合、そうです。)

いやはや、けっこうくたびれましたゾ。
1030suzume
小さな公園の出入口の柵に「スズメ」がいましたよ。
昔、勤務していた品川の高校のそばにも、これと似たスズメさんがいましたが、ここでお目にかかるとは、懐かしい。
1030zakuro
石榴の実。
弾けて中の赤い種が出てくるときれいですよね。

おいしいけれど、少し口が渋くなる感じもありますね。
1030whitecat
車の下にいた白猫。
人慣れしていて、じっくり撮らせてくれました。

コンパクトデジカメをベルトにつけて走りました。その映像です。
一眼レフを買ってから使わなくなっていたコニカのZ3という中級機種も電池を充電してモンパルの前カゴに入れて走ることにしました。
今回はコンパクトデジカメのみ。
白猫ちゃんに出会えるとは、私のモンパル歴の出だしは「先祝い=さきわい=さいわい」なものとなったようです。

これから、生活のペースの中にモンパルが組み込まれます。昼間しかパソコンを開かない私ですから、モンパルの入った分、ブログ更新も遅れ気味になるかもしれません。
活動範囲の広がった「かかし」さんを「嘉し」て、ブログ遅れは何卒御容赦下さいますよう。

« アオクサカメムシ幼虫 | トップページ | モンパル2日目(午前の部) »

人事」カテゴリの記事

コメント

とてもカラフルでステキなデザインで思っていたのとは全然違いました。車椅子とは程遠い感じですね。初めてのことは何でも力が入りすぎてしまいますよね、どうぞお気をつけて楽しんでください!
白猫さんはうちの「エル」かと思いました。良く似ていてうれしいです^^;

道路交通法上は「歩行者」に分類されます。
車いすというと、障害者とか足腰弱り切った高齢者、というイメージになってしまうので、メーカーも、「カート」とか「シニアカー」と呼んでいるようですね。
十分に歩けるのだけれど、遠出は少しきついな、という人にうってつけです。
視線が低くて、周りのものがいろいろ目に飛び込んでくるのが新鮮で楽しいですよ。車では見落としている街のディテールを味わえます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アオクサカメムシ幼虫 | トップページ | モンパル2日目(午前の部) »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ