« 神の留守 | トップページ | 正論 »

2009年11月25日 (水)

妻の席

2009.11.23付 朝日俳壇より
紅葉見ゆる窓側いつも妻の席:(松本市)唐澤春城
 稲畑汀子 評:紅葉の美しい頃の旅。妻への心遣いが想像される。

在来線であれ、新幹線であれ、季節を問わず、夫としてはまあ大抵妻を窓際に座らせませんか?
ボックスシートなら、向かいの人が立っても、窓際にいればあまり大きく膝を譲る必要もなし。
通路を人が往来する時に、妻の肩に当たったりしないように、自分が通路側に座るのはごく当り前ではなかろうか、と。
ちがうかなぁ。

« 神の留守 | トップページ | 正論 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神の留守 | トップページ | 正論 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ