« 手袋 | トップページ | 神の留守 »

2009年11月25日 (水)

2009.11.23付 朝日俳壇より
いつまでもどこまでも雪かと思ふ:(奈良市)杉田菜穂
 大串章 評:雪無限。「いつまでも」が時間を思わせ、「どこまでも」が距離を思わせる。

失礼。この評はなくもがな。何もいっていません。

かかし 評:雪は時空の無限感覚を引き出す。雪は降り続く。

これもまたなくもがな。作品を味わえばよい。

« 手袋 | トップページ | 神の留守 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手袋 | トップページ | 神の留守 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ