« ふかふか | トップページ | ポンプ井戸 »

2009年11月 5日 (木)

砂漠

2009.11.2付 朝日俳壇より
天幕を出づれば砂漠星月夜:(調布市)覚前木月
 大串章 評:天幕を出ると茫々とした砂漠。空には月のように明るい星が瞬いている。ふと、砂漠に不時着した「星の王子さま」を思う。

どうも、大串氏より一回り近く年下の私なんですが、真っ先に頭に浮かんだのは「月の沙漠を はるばると♪」という童謡でした。
星の王子さまを読んだのは高校時代くらいでしたか。別のシーンに思い入れが深くて、「砂漠」からは思い出せませんでした。


« ふかふか | トップページ | ポンプ井戸 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふかふか | トップページ | ポンプ井戸 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ