« 蚕 | トップページ | 砂漠 »

2009年11月 5日 (木)

ふかふか

2009.11.2付 朝日歌壇より
おばあちゃんのうしろをついてゆく猫の踏むあぜ道の苔ふかふか:(横浜市)原田彩加
 佐佐木幸綱 評:現代にもこんなにのどかな道があったのか、と懐かしい気分にさせられる。

ほんわかとあたたかい歌ですね。
都会の人間のせいか、苔ふかふか、というと石や硬いものの上の苔がふかふかしている、と感ぜられて、あぜ道がふかふかというのは、道自体がふかふかの土なんじゃないか、枯れ草や落ち葉が積もってふかふかしているんじゃないか、と余計なことを悩みます。
繰り言は無視して下さい。

夕陽の温もりを感じさせる佳品です。

« 蚕 | トップページ | 砂漠 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蚕 | トップページ | 砂漠 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ