« ルコウソウ | トップページ | ゼニアオイ »

2009年11月11日 (水)

サザンカ

1103sazanka1サザンカの厚い花びらや、一杯のオシベが落ちてしまった後です。

メシベの残りと、子房です。

シンプルになりました。受精のためのシステムは不要になって捨てました。
ここからは「他者」を必要としません。受精した卵に栄養を送り、成熟させるばかりです。
ここからが、植物自身の仕事なんですね。

1103sazanka2
こちらは授粉には邪魔もの。
このつぼみはダメになるかもしれません。でも、そういうつぼみの存在も、計算のうち。この程度で音を上げるサザンカではない。

アブラムシ=アリマキということがよくわかります。
いつもアブラムシの周辺にいます。
このアブラムシたちはアブラバチの寄生を免れた残り。
動植物が複雑に入り組んだ関係性を見せてくれています。

« ルコウソウ | トップページ | ゼニアオイ »

植物」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

何匹か黒くて丸いアブラムシがいますね。
これらは寄生されているのじゃないかと思うのですが・・・

そうなのかぁ。気づきませんでした。
また、ぼんやり見過ごしそうですね。
毎日サザンカのところへ行かなくっちゃいけませんね。
忘れず、毎日見に行くようにします。
ご指摘ありがとうございます。また、お願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ルコウソウ | トップページ | ゼニアオイ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ