« テントウムシ | トップページ | オーシャン・ブルー »

2009年11月 2日 (月)

ジョロウグモ

1022jorougumo1メスのジョロウグモの巣にオスが現れました。

画面いっぱいに写っているのがメス。

メスの腹側の網を挟んだ位置にいるのがオス。

まるっきり体の大きさが違います。オスは体長1cmちょっとでしょう。

オスは交尾目的に現れたのですが、まだ時期ではないのかもしれません。
というのは、「クモ学」という本によりますと、メスの最終脱皮の直後に交尾する層です。
このオスはずっとここにいます。おそらく餌と間違えられてしまう危険を冒して、交尾の機会を狙っているのでしょう。
1022jorougumo2
時々、オスは位置を変えています。

この移動による網の振動をメスは捉えていないのでしょうか。

それとも、餌の振動とは異なる「風による振動」のような歩き方ができるのでしょうか。

餌の振動を検知すると、メスはすごい勢いで襲いかかります。

1022jorougumo3 オスが少しメスに近寄りましたね。
でも、メスは気づいていないようです。
無事、交尾に至れますように。

1022jorougumo4 オスのクローズアップを試みました。

メスが張っている網は立体的な奥行きがありますので、マクロレンズを使うのですが、接近できないのです。
で、こんな写真になりました。
姿形はジョロウグモですが、小さい。
こんなに差があるとは、実は知りませんでした。

行く末を見守りたいと思います。

« テントウムシ | トップページ | オーシャン・ブルー »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テントウムシ | トップページ | オーシャン・ブルー »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ