« おさんぽかかし(11/7):三毛猫 | トップページ | 百羽のカラス »

2009年11月17日 (火)

ルリタテハ

1116ruritateha111月16日(月)車で外出して、用事を済ませて帰宅したところ、門柱にルリタテハがとまっていました。
翅を開いて。
嬉しくって、先ずはとりあえず車の窓からコンパクトデジカメで2枚ほど撮ってから、そっと回って家の中から一眼レフを取ってきて、まだいるかな?と見れば、います。
ただ、翅を閉じてしまっていました。う~む。翅を開いて見せてくれないかなぁ。
と気長に待つことにしました。晴天とはいえ、もう気温も低くなって、そうそう元気に飛び回れるときではないので、一切干渉せずに待ちました。
そうしたら、開いてくれたんですね。上の写真。
きれいでしょ。
翅はほぼ無傷。美しいルリ色の模様を見せてくれました。
1116ruritateha2
美しい鱗粉の並びまで見せてくれました。

1116ruritateha3 翅を閉じると、まるで樹皮。
とても地味。

内と外の落差が大きいですね。

今年は10月に2回、ルリタテハの羽化に成功しました。

なんだかなぁ、あの2匹のルリタテハのうちの1匹が挨拶に来てくれたような気がしてしまって。なんとなく、胸が熱くなってしまって。
個体としての存在をそろそろ終わりにして、生命の流れに回帰していく前に、ちょっと顔を見せに来てくれたような気がして。

帰宅した妻と写真をゆっくり眺めました。妻もそんな感情にとらわれたようでした。
二人して、心の奥に温かいぬくもりを灯してもらって、嬉しいね、嬉しいね、と。

あの個体とは限らないんですけれどね。ただ、チョウを飼育して、羽化に立ち会うと、こういうことにも出会うんです。どの蝶を見ても、親しい気持がして、心が温まるのです。

ほんと。ひとこと。
うれしかった。

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-ea8a.html
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-19aa.html
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-4ea4.html

このあたりに、羽化の時の記事があります。参考まで。

« おさんぽかかし(11/7):三毛猫 | トップページ | 百羽のカラス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おさんぽかかし(11/7):三毛猫 | トップページ | 百羽のカラス »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ