« 百羽のカラス | トップページ | 加藤和彦 »

2009年11月17日 (火)

黒アゲハ

2009.11.16付 朝日歌壇より
黒アゲハ朝日を浴びて蜜を吸ういのち美し 子の一周忌:(糸魚川市)二上ユミ子

評などはつけていませんが、高野公彦氏の選です。
二上氏の過去の歌を下に載せます。

2009/05/18
待ちわびた季節が来たよ木の芽添え竹の子づくしの膳を供える:(糸魚川市)二上ユミ子
 高野公彦 評:亡き子が生前に好んでいた竹の子づくしの膳を供える、哀しみの歌。昨年十二月十四日掲載の「逝きし子がアゲハになりて帰りくる庭の柚子の木冬囲いする」が思い出される。

2009/02/02
「使われていません」コール知りながらケイタイの子の名押してみる夜:(糸魚川市)

2008/12/14
逝きし子がアゲハになりて帰りくる庭の柚子の木冬囲いする:(糸魚川市)二上ユミ子
 高野公彦 評:子供に先立たれた母親の悲しみの歌。蝶の好きな子だったのだろう。「冬囲いする」に万感の思いがこもる。

私は語る言葉を持ちません。立ちすくむのみです。
味読ください。

揚羽は亡き人の霊魂だという信仰というか、感覚が古代にはあったのではなかったでしょうか。大型のチョウの振る舞いは、人の心を揺さぶるものがあります。

« 百羽のカラス | トップページ | 加藤和彦 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 百羽のカラス | トップページ | 加藤和彦 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ