« 秋が来た | トップページ | ニラの実 »

2009年10月 6日 (火)

(多分)クロアゲハ

0926kuroageha玄関を出たら、いきなり目の前を黒い影がよぎりました。
恒例「お昼のお散歩」のしょっぱなです。
頭の上を超えて上の後方行ったのは視野にとらえていましたので、まるっきりのあてずっぽうで、レンズをそっちに向けてシャッターボタンを2、3回押しました。幸いカメラのスイッチはONにしてありましたが、まさか写っているとは思っていませんでした。あまりにも無茶苦茶な撮影だったので。

部屋に戻ってパソコンに画像を移して眺めてみたら、一枚だけ写っていたのです。それがこれ。
背景の屋根などでわかるように、上下はこれであっています。
ということは、チョウの方がものすごい飛び方をしていたのですね。
どういう瞬間なのでしょう?逆さまです。
空中で旋回しているのでしょうか。

撮影者の意思でとにかくシャッターが落ちてくれる、という仕様がこれほどありがたかったことはありません。「顔検出機能」のついたコンパクトデジカメだったら、どこにピントを合わせるか、ということで時間を食って、おそらくシャッターは切れなかったでしょう。

それにしてもまぁ、なんだかすごい瞬間を見せてくれたものです。
家を出る時はいつでもスイッチONです。何に出会うか分かったものではありません。

« 秋が来た | トップページ | ニラの実 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋が来た | トップページ | ニラの実 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ