« ぬかご | トップページ | 都合 »

2009年10月15日 (木)

ネコ

2009.10.12付 朝日歌壇より
今回もネコが詠まれているかしら歌壇俳壇我家の話題:(広島市)根石妙美

我が家でも、ネコが詠まれている場合、必ず私が妻に読み聞かせ、二人で喜んでおります。
私のカテゴリー分類での「動物」が詠まれている場合、嬉しくなります。
今回の場合でいうと

あめんぼの水面踏みたる足跡がまあろく川の底に影する:(西予市)大和田澄男
 永田和宏 評:極小の対象から景が大きく立ち上がる。浅く緩やかな光。

散歩する犬の放尿終るのを待ってる媼を朝日が包む:(行方市)鈴木節子
 馬場あき子 評:犬と一緒の暮らしを楽しんでいるような媼の心の温もりが、結句から立ち上がる。

片腕をなくしたカマキリおもむろに稲穂の先にイナゴを狙う:(安中市)入沢正夫

アキアカネ更なる赤を極めんと夕焼け空に己が身を炒る:(下野市)若島安子

今生の声の途絶えし秋の蝉:(坂出市)溝淵和幸

こういう歌・句をマークしています。
とくにカマキリの歌など、ジンとします。生きられる限りを生きる、それが正しい生き方なんだよなぁ、と我が身に言い聞かせます。
生に執着するも苦、死に執着するも苦。
我が身に生きる力があるのなら、そのいっぱいを生き切ればよい、何の執着も不要、と。
頭でわかっていても、なかなかに、生きることは難しい。
昆虫の生きる姿に頭が下がります。

すべてのいのちあるものがしあわせでありますように。

« ぬかご | トップページ | 都合 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぬかご | トップページ | 都合 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ