« 特急 | トップページ | 先客 »

2009年10月 3日 (土)

2009.9.21付 朝日歌壇より
放心の狸と出会ひぬ投函の眞夜の郵便ポストの前に:(枚方市)福永康子
 佐佐木幸綱 評:はからずも夜道で見かけた狸。「放心の」が可笑しい。

失礼ながら「見かけた」のではなく、「出会った」のです。だからこそ、狸の方は「しまった、ヒトと出会ってしまったぞ、どうしたものか」と一瞬たじろいだのが「放心」なのです。

猫だってよくやるじゃないですか。一瞬の「放心」。

ところで、この狸、この後どうしたでしょう?

2009.9.21付 朝日俳壇より
子狸と会ふも一会や月の夜:(向日市)松重幹雄

ワープしたらしい。

« 特急 | トップページ | 先客 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 特急 | トップページ | 先客 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ