« アオスジアゲハ | トップページ | キンケハラナガツチバチ »

2009年9月28日 (月)

これはなんでしょう?

0918higanbana1いやあ、ピント合わせが大変でした。

ヒガンバナのメシベとオシベです。

何とかメシベの先端を取ってみたいと頑張ってみました。
0918higanbana2
これでも何だかはっきりしませんね。

何枚か撮ったうちの1枚がたまたまこんな風になりました
0918higanbana3
逆光になったのです。
そうしたら、メシベの先端に、細かい毛のようなものが見えました。

本来ですと、この毛に花粉がくっついて、花粉管が伸びて・・・受精してということになるはずなのですが、ヒガンバナの場合、染色体の数のせいで、ほとんど、受精・結実という過程には至りません。

生物の生き方としては少しさびしいですね。

しかしまぁ、本当に律儀に彼岸の頃に咲いてくれます。
花の後、葉が伸び、球根を太らせていくことになります。
葉が伸びて栄養を作っている姿を鑑賞しましょう。

« アオスジアゲハ | トップページ | キンケハラナガツチバチ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アオスジアゲハ | トップページ | キンケハラナガツチバチ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ