« ムラサキシジミ | トップページ | アリグモ »

2009年8月12日 (水)

ムラサキシジミ(続編)

0803murasakisijimi

翅のすき間から、青い色がわずかに見えています。

なかなか翅の模様を見せてはくれません。

そのうち、こんな行動をとりました
0803murasakisijimi6_2
これ、産卵行動ですね。
そうなのか、メスなんだ、とこの時点で認識したわけです。

ここはボウガシの葉の上なんです。
前の記事でご紹介したサイトによれば、ムラサキシジミの幼虫の食草は「カシ類」だそうです。
いいわけか、ボウガシでも。
何回か産卵行動をしてから、飛び去って行きました。

一か所だけ、ココ、と記憶しておいたので、その葉を見ると
0803murasakisijimi7
小さな卵。肉眼ではただの丸い卵だったのですが、こうやって接写してみると、何やら表面に細かい構造があります。

0803murasakisijimi8
このくらいが限度なんですが。
信じられないような美しい微細構造があります。

どうやってこんな微細な構造を作るんでしょう?
不思議ですねぇ。感動的ですね。

孵化が見たいと葉っぱごととり込んだのですが、残念ながら失敗。
温度の変化が少ない、明暗の変化がはっきりしない、そういった影響があったのかなぁ。孵化しませんでした。自然界でも全てが孵化するわけではないでしょうけれど、やっぱり残念です。
0804murasakisijimi
卵の大きさを知っていただくために、物差しと一緒に写した写真です。
1目盛が0.4mmです。
ですから、約0.8mm程度の大きさの卵であることがお分かりいただけるでしょう。

とり込まなかった卵が何個かあのあたりにあるはずです。
幼虫に出会えるといいのですが、まだお目にかかれません。

« ムラサキシジミ | トップページ | アリグモ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ムラサキシジミ | トップページ | アリグモ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ