« おんぶせっけん | トップページ | アシナガキンバエ »

2009年8月 6日 (木)

センリョウ

0727senryou我が家のセンリョウは赤い実をつけたことがないのですが、今年は結構ながく実がついたままになっています。これが赤くなるといいなぁ、と思いながら眺めていたら、また花が咲きはじめました。

ウィキペディアで調べてみたらこんな記載がありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%A7%E3%82%A6
部分的に引用します。

 花は黄緑色で7~8月頃に咲き、茎の先に穂状花序をつくる。花には花被がなく、雄しべは雌しべの側面から直接出る変わった姿である。果実は液果で10月頃から赤く熟し、翌年2月頃まで見られる。
 被子植物であるにもかかわらず、維管束の木部は導管でなく、裸子植物同様の仮導管から構成されている。花の構造の特殊性と共に、この植物の原始性を表す特徴と考えられる。

そうなのか。

被子植物門 Magnoliophyta > 双子葉植物綱 Magnoliopsida > コショウ目 Piperales
>センリョウ科 Chloranthaceae > センリョウ属 Sarcandra >センリョウ Sarcandra glabra

分類的にはこうなっています。
植物の進化的な系統樹のようなものについて、私はほとんど知らないのです。こりゃまた、勉強しなければならないことが増えたぞ。嬉しいことですね。

« おんぶせっけん | トップページ | アシナガキンバエ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おんぶせっけん | トップページ | アシナガキンバエ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ