« スズメ | トップページ | 椿の実 »

2009年8月 3日 (月)

オリヅルラン

0720oridururan1オリヅルランの花が咲いていました。

0720oridururan2
オリヅル「ラン」という名はもらっていますがランではありません。
花を見れば明らかですね。
3数性の構造。

おりづる‐らん【折鶴蘭】ヲリ :ユリ科の常緑草本。南アフリカ・マダガスカル・インドなどに二百余種が分布。細長い葉を叢生、鉢植とする。伸びた茎の先の新株が、折鶴に似る。クロロフィツム。[広辞苑第五版]

ユリ科ですね。オシベが6本です、葯がついてるのがそう。
花弁6枚に見えるのは、きっと、花弁3枚と萼3枚なんでしょうね。
0720oridururan3
この写真の右の方につぼみが、上から見たような状態で写っています。三角っぽい形でユリのつぼみに似ています。
メシベは、先っちょが細くなって、なんとなく構造がありそうですがよくわかりません。
0720oridururan4
この写真で、花の左は、多分花が終わって、花弁が落ち、子房が膨らんできている状態だと思います。

一時、このオリヅルランがはやった気がします。最近つるした状態で見ることは少ないのですが、ここでは地面に生えて頑張っていました。

« スズメ | トップページ | 椿の実 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スズメ | トップページ | 椿の実 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ